2012年6月12日火曜日

塩麹のその後

豚肉を塩で漬け込む「塩豚」歴は長いのですが、「塩麹肉」に関してはまだまだ初心者。

初心者としては数時間漬け込んで焼くだけでも充分美味しくて感動していたのですが、数日漬け混んで(すぐ使えなくて結果的に)という場合の「結構塩が効きすぎた」ので「煮る」ということをはじめて実践してみました。

薄めの出汁で塩麹に5日ほど漬け込んだ肩ロースの角切りを大根とともに投入。
コトコト煮ていきました。

少し経ったころにしょうゆや砂糖でも足そうかと味見をしたところ、充分な旨味で何も必要ない感じ。和え物や焼き物では感じなかったナンプラーのような香りと味で、なるほど発酵食品なのだと今更ながら納得しました。

この感じだとパクチーやレモンも合うのかもしれません。
まだまだいろいろ試せそうで楽しみです。

<塩麹豚と大根の煮物>
塩麹に数日漬け込んだ一口大の豚の肩ロース、大根を薄めの出汁で煮る。

1 件のコメント:

aya さんのコメント...

塩麹の煮ものいいですね!
今度、母と一緒に作ってみます。

最近、醤油麹もブームですね!