2014年4月17日木曜日

限定色数の誘惑

新学期の最初の授業からやっと1週間が経ちました。
まだ始まらないクラスもあるので妙な空き時間ができてしまったりしています。

近場で立ち寄れる場所として思い出したのが切手の博物館
展示だけでなく世界各国の切手がショウルームで販売されているので、油断して訪れるととても危険な所です。

気を引き締めて望んだ結果、数百円の散財で済みました。

今回の一押しはブルガリアの民族衣装の切手。
デフォルメされた図柄と3色刷りの色彩がとてもキレイです。
フルカラーの印刷物に慣れていると、このような少ない色数で刷られた版画のような印刷がとても新鮮に感じますね。


2 件のコメント:

AYA さんのコメント...

切手の博物館なんてあるんですか!!
行ってみたいです!

KITA。 さんのコメント...

目白駅が最寄りですが、学校からも歩けます。
http://www.yushu.or.jp/museum/