2013年5月26日日曜日

アナログなCG

クリエイションギャラリーG8ガーディアン・ガーデンの2会場で開催中の「奥村靫正展『第2回奥村祭り』」に行ってきました。(5/31まで)

G8の企画展の中でも今回の展覧会は「タイムトンネルシリーズ」なので、クリエイターのデビュー当時の作品から、その発想や表現方法の原点を探るもの。

70年代から80年代のレコードジャケットを多く手掛けた奥村氏の作品は懐かしいものばかり。
当時コンピュータが導入されはじめた音楽業界との仕事をする中で、デザイン業界への導入を心待ちにしていたことや、コンピュータがデザインにおいてデータベースとしての役割に期待できるなどのご本人のコメントもあり、アナログ表現でCG的な表現をいち早く行なっていたことへの凄さも感じました。

2 件のコメント:

AYA さんのコメント...

YMOやチェッカーズなど知ってるアーティストのがあって、興奮しました。70年代〜80年代らしいジャケなどでしたが、逆に新しくも感じました。

KITA。 さんのコメント...

毎週○曜日の授業後は展覧会行くとか、授業でなくてももっと皆さんには展覧会やギャラリー巡りをして欲しいですね。